きちんとした歯磨きが口臭を抑える

歯が抜け落ちてしまう歯周病のサインとなるのが口臭であり、これに気付いたら歯科クリニックに診てもらうべきです。

きちんとした歯磨きが口臭を抑える

歯周病のサインである口臭

日本人の50代から60代のほぼ半分が歯周病を患っているといわれています。歯のトラブルというと虫歯をイメージする人も多いと思いますが、実は歯周病の方が深刻だという指摘もされています。なぜならば、虫歯は歯そのものを破壊していきますが、歯周病は歯を支えている組織が崩壊していくからです。つまり、健康的な歯であっても抜け落ちてしまう可能性もあります。そのため、歯周病だと気付いたらすぐにでも処置をしていく必要があります。といっても、歯周病は知らないうちに進行しているものです。自分も周囲の人も気付くことが難しいです。しかし、歯周病そのものを気付くことはできませんが、歯周病のサインを感じることができるのです。

そのサインとは口臭です。歯周病になると歯と歯肉の間にポケットが生まれてそこに細菌プラークができます。つまり、細菌の塊です。その細菌が口臭の元である悪臭を生み出している張本人なのです。なぜ50代60代になると口臭の人が増えるかというと、実はこの歯周病が大きく関わってきたことが要因の一つに挙げられています。もしも、50代60代で口臭に気付いたらすぐにでも歯科クリニックに行くべきです。歯科医が歯の清掃をしたり、個人でできる歯のメンテナンスの仕方などのアドバイスを受けることで少しずつ歯周病を改善していくことができるのです。口臭と共に歯周病を治してけば、これから先も大切な歯を残していくことができるでしょう。
注目の情報

Copyright 2017 きちんとした歯磨きが口臭を抑える All Rights Reserved.